矯正歯科

ひだまり歯科クリニック > 診療科目 > 矯正歯科 > 床矯正

小学生の矯正治療(ガタガタな前歯が対象)6歳から10歳まで

小学生の床矯正

最近のお子様は、アゴが小さいので、大人の歯がまっすぐ並ばずに、

前歯や奥歯がガタガタになることが多々あります。



永久歯が全部生えてから矯正治療を行う場合、

永久歯を抜いて、歯並びを改善することが多いです。


しかし、少しでも早い段階で歯並びを改善したいと考えておられる方は、

6歳になった段階で、歯医者で一度診てもらうことをお勧めします。

 

アゴが小さく、歯並びがガタガタな場合でも、

6歳ごろから治療を開始すれば、将来的に歯を抜く可能性を減らして、

歯並びを治す方法があります。

 

それが、「床矯正(しょうきょうせい)」という方法です。

 

これは小さなアゴを、専用の矯正装置を用いることで少しずつ

大きくしていくことで、歯が真っ直ぐ並ぶようにします。



但し、この「床矯正」だけで歯並びが改善しないことがありますので、

その場合は、大人用の矯正装置も用います。

 

 

床矯正装置:6万円(1装置につき)

大人の矯正装置  片顎:40~55万円

         両顎:45~65万円 (金額は税別です)

 

通院頻度:2~3週間に1回

装置調整料:1回につき1000円弱

装置使用期間:1装置につき約2年間

 

 

矯正治療の流れ

1日目:初診

まず現在の歯並びを検査します。

歯の写真やレントゲン写真を撮影し、そして歯型を採得します。

(検査料:約3,500円、 検査時間:約1時間)

 

2日目:カウンセリング 

初診時の検査結果をお伝えします。

その上で、適正な矯正装置と期間、そして費用をお伝えします。

 

 

3日目以降:装置装着

カウンセリングにご納得頂けたら、装置装着の準備を進めていきます。

 

 

よくある質問

Q:うちの子が、拡大床を使ってくれるか心配です

A:せっかく矯正治療を始めても、拡大床を使わなければ効果が出ません。

  ただ、今まで当院で診させてもらったお子様で、

  拡大床が使えなかった子は1人もいません。

  6歳以上のお子様であれば、拡大床を上手に使ってくれますよ。

 

 

Q:矯正治療中は痛くないんですか?

A:拡大床で矯正治療をする場合、痛みはほとんどありません。

  但し、違和感は多少あるので、少ししゃべりにくい事があります。

 

Q:矯正治療中、虫歯になりやすいと聞いたんですが、本当ですか?

A:口の中に装置が入るので、虫歯になりやすいと思われるかもしれませんが、

  装置が取り外し可能なので、食事の後、キチンと歯磨きすれば、

  虫歯の心配は全くございませんので、ご安心ください。

 

Q:うちの子の歯並びがガタガタなんですが、
  早くから拡大床を使った方がいいですか?

A:矯正治療を開始するのに適正な時期がありますので、

  早すぎるのもよくないです。

  一つの目安としては、6歳頃で、前歯が大人の歯になってきた頃から

  始めるといいと言われています。

 

Q:矯正治療と聞くと、限られた曜日に通院する必要があると
  良く聞きますが、どうなんですか?

A:ひだまり歯科では、院長が矯正治療を行っているので、

  当院の診察時間内であれば、いつでも矯正治療を受けることが出来ます。

当院ではスルガ銀行のデンタルローンが利用できます。

当院では自費診療の費用に対してデンタルローンをご用意しております。 スルガ銀行と提携しておりますのでお気軽にご相談ください。

分割は84回まで可能です。

スルガ銀行と患者様との間で契約をして頂くことになります。
当院からはお見積書を発行いたします。それを元に、スルガ銀行と分割回数などを決めて頂くことが可能です。

スルガ銀行との直接の取引となりますのでプライバシー対策も万全です。

写真で歯並び相談

tel&mail メール受付
.