予防歯科

予防歯科とは

鏡と女性むし歯、歯周病になる直接の原因は、細菌の感染によるものです。(虫歯や歯周病は感染症であることがはっきりしています)
口の中は清潔にしているつもりでも、いつもたくさんの細菌が繁殖しており、その「一定の温度・湿度」と「数時間おきの栄養分の補給(食事)」によって、細菌の絶好のすみかとなっています。
その「絶好のすみか」のコロニーともいえるものが歯垢(しこう)と呼ばれるもので、歯の周りに白くへばりつき、独特の臭いを放ちます。
よって、予防の第一歩は、歯垢を毎日の歯磨きできちんと落とし、細菌の数を減らすことからはじまります。

予防が大切

歯科医療に関しては、病気になってからでは元通りにはなりません。たとえば、「虫歯だから削って詰めましょう」、「痛いから神経をとりましょう」、「揺れてきたから抜きましょう」などです。
痛くなる前にお口の中の健康を守り、また増進するための、積極的な医療こそが、病気の原因から治す方法であり、予防歯科の考え方の原点です。

当院では、歯の病気の原因についてご説明することで、患者さんのご理解をいただいた上での治療に努めていきたいと考えておりますので、お気軽にご相談下さい。

歯周病の予防と治療には、歯垢と歯石の除去が不可欠です。
歯垢は、毎日の正しいブラッシングと定期的に歯垢のたまりやすい場所を確認して汚れを落とすことが重要です。歯石は、ご自身で除去することはできません。

歯科医院にて専門家により専用の器具で除去します。

tel&mail メール受付
.